スマートフォンの普及によって、出会い機能のアプリや出会いのきっかけになるランダムチャットが楽しめるアプリがたくさん出ています。しかし、こうした出会いアプリ以上に出会いアプリとして注目されているのが、無料通話アプリとして世界的に利用されているLINEです。

 

LINE自体は非常に便利なアプリであって、フリーで仕事をしている方だと、連絡手段にLINEを使っている人も少なくありません。
しかしいっぽうで、LINEの非公認の友だち掲示板が多数存在しており、これらが出会い系サイトとして機能している面があるのです。つまり、LINE掲示板でもセフレ募集も、割り切り出会いもできるわけです。LINEの開発元のNHN Japanは、出会い目的にLINEを使うことに対して再三にわたり注意換気してきましたが、未成年や18歳未満のユーザーを巻き込む援助犯罪が、少なくとも十数件以上も発生したことを受けて、ID検索機能を18歳未満のユーザーについては利用できなくしました。

 

LINEアプリの問題は、もともと年齢制限なく利用できることから、出会い掲示板と化した非公認掲示板を中心に、児童が性犯罪や援助絡みの犯罪につながりやすいところにあります。もちろん、児童を守らなければなりませんが、実年齢を偽って出会いを求めてくる児童もいますので、大人の逮捕者をこれ以上増やさないことも考えなければならないところです。

 

LINE側では、規約違反に該当する掲示板やアプリを特定していますので、いずれこれらのアプリや掲示板は使えなくなるはずです。すべての端末で18歳未満のID検索が使えなくなるまでにまだ時間がかかることから、今は端境期とも言えるわけですが、LINEは利用しても、非公認の掲示板や掲示板アプリは使わないことです。