LINEの非公認掲示板ではありませんが、出会い系サイトを使う場合に注意しなければならないことに、そのサイトが法令どおりの年齢確認を行っているかということがあります。平成20年に改正された出会い系サイト規制法によって、18歳未満の児童を保護する目的から、「児童でないことの確認方法」が厳密にに規定されました。この確認方法は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類による年齢確認を規定しており、自己申告ではありません。

 

LINE掲示板を例にすれば、ここは、表向きは友だち掲示板であり出会い掲示板ではないとでもしているのでしょう。そうすれば、年齢確認は必要ないとできるからです。しかし、実際に異性との出会いの場としても使われていることから、本来なら、掲示板管理人は書面による年齢確認が必要なのだと言えます。

 

またLINEの非公認掲示板にかぎらず、悪質な出会い系サイトでは、18歳未満の利用を禁じるとしていますが、年齢確認はなく、あくまで自己申告にまかせています。これも18歳未満の利用者が入り込んでいる可能性のある出会いサイトと言えます。

 

改正法に規定されている年齢確認の方法は、運転免許証や健康保険証、住民票、パスポート等を使います。そして必要な情報は、書面に記載されている「生年月日」「当該書面の名称」「当該書面を発行・発給した機関の名称」です。住所や名前はいらないということです。そしてこれは画像で伝送しても良いことになっているので、写メで写したものを、メールで送るのが一般的です。ほかにも、クレジットカードで年齢確認する方法もOKです。こうした方法で年齢確認していないサイトだと、知らないで児童買春に加担してしまうこともあるということは理解しておかなければなりません。

 

未成年をセフレにすることや、また相手が18歳未満と分かって援助行為をするのは、もっともいけないことです。児童買春は、ほとんど発覚しますので甘くみてはいけません。